Thumbelina

グラフィックデザイン制作例

Category
,
RELATED PROJECTS

 

Thumbelinaとは親指姫のことです。このグラフィックでポイントとなるのが、「小ささ」の演出です。マクロレンズなどを利用すると分かるのですが、小さい世界は被写界深度が浅く、少し遠くなるだけでもボケやすくなります。つまりそれを表現することで、小さい世界であることを伝えるきっかけとなります。またアゲハ蝶が「手前」を横切ることで、モデルの小ささが強調されます。猫という具体的なサイズを誰でも連想できるものを、比較としてレイアウトするのも効果的です。グラフィックデザインで写真にちょっとした工夫を行うことで、見る者に違った印象、不思議な世界を見せることが可能となります。

 

グラフィックデザイン制作 (Design) : TOMMY GRAPHICS
写真撮影 (Photo) : YUKI TAKESHITA
モデル (Model) : Yoshiko Yamaguchi
ヘアメイク (Hair and Make up) : Atsushi Nishitaki

 

-デザインへの感想-

親指姫という意味合いのタイトルを冠されたこちらのグラフィックは、巧妙なレイアウトによって的確に伝えたいイメージを表現した仕上がりとなっています。実写した人物を親指姫として見せようとするからには、そのサイズ感を見る人へ真っ先に伝えなければならないでしょう。それらの役割を担当しているのが、背後のネコであったり、横切っているチョウであったり、足元に横たわっているカギであり、自然と比較させることによって女性が小さなサイズであることを認識させます。親指姫にはもちろんストーリーがありますので、どのシーンを再現した作品なのかと考えてみることで、より楽しみが広がっていくのではないでしょうか。実写版親指姫というべき仕上がりとなっています。