Slash!

グラフィックデザイン制作例

シネマグラフ 制作例

Category
, , ,
RELATED PROJECTS
slash-2
シネマグラフ Ver. (Cinemagraph Ver.)

 

静止画 Ver. (Static image Ver.)

 

Slash!というタイトルは、日本語にすると一閃!と言ったところでしょうか。全ての要素を、グラフィックデザインによって合成しているため、最も苦労したのは、街・モデル・車といった別々の要素をいかに自然に馴染ませるかという点でした。基本的には光と影を工夫する事に注力することになります。また、切られた車は当初もっと詳細かつリアルに制作していましたが、爽快感や超人的なパワーを想像させるようなシンプルな切り口で仕上げました。涼しげな表情がかえって彼女の実力の片鱗を伺わせます。グラフィックデザインを活用した制作の利点として、後から色々と試行錯誤が出来るという点があげられます。こうした方がカッコイイかな、ああした方がビックリするかな、とフィードバックを重ねることで、より良い製作物に仕上げることが可能です。

 

グラフィックデザイン制作 (Design) : TOMMY GRAPHICS
シネマグラフ制作 (Cinemagraph) : TOMMY GRAPHICS
写真撮影 (Photo) : TORI
モデル (Model) : Yumi Nagase

 

-デザインへの感想-

アクション映画の1シーンを切り取ったかのような印象を受けるグラフィックデザインとなっています。躍動感のある虎のオーラを背にした迫力ある女性が今にも動き出しそうな印象を受ける仕上がりとなっており、背景をスピード感あふれるように這いまわる光のラインが近未来さえ連想させる、受け取り手によって様々な印象を持デザインといえます。表題はSLASHとなっているように、女性キャラクターが構えている剣によって真っ二つにされたかのような車体が後方にて無残な姿となっているのも、華やかな背景に比べるとアンバランスであり、それぞれの要素同士が共鳴しあうことで面白さを醸し出しています。