Inspiration

素敵なデザインや写真等
インスピレーションやヒントになれば幸いです

センスある多色使いのグラフィックデザイン

/
10
多色使いのデザインについて

多色使いはデザインの幅が広がるとともに、色同士の相性や全体のまとめ方などが難しくなりがちです。ベースの色に何を使うか。暖色と寒色のバランスをどうするか。さまざまな要素に気を配らなければ、チグハグでバランスの悪いデザインになってしまいます。今回は、センスの良い多色使いのグラフィックデザインを集めてみました。

 

柔らかいイメージのグラフィックデザイン

柔らかいイメージの多色デザイン

明るいピンクを背景に、カラフルな文字が並びます。全体的に少し明度を高くし、背景色の効果もあって明るく優しげな雰囲気になっていますね。白ではなくオイスターホワイトを使用したり、ネイビーを2回使ったりすることで多色使いでありながらも全体にまとまりが出ており、うまくまとまったデザインになっているのがわかります。

 

鮮やかな色と落ち着いた色をバランスよく

>鮮やかな色と落ち着いた色を含んだ多色デザイン

白をベースにブラウンやくすんだピンクなどの落ち着いた色を使いつつ、鮮やかなイエローとオレンジ、グリーンを組み合わせたデザイン。華やかなイメージの夏から落ち着いた秋に移り変わる時期を色で表現したような色使いが魅力的。シンプルですが画面いっぱいに配置されたタイポグラフィーも際立ちます。

 

寒色多めのグラフィック

寒色多めのグラフィック作例

旧約聖書をモチーフにしたデザインが神秘的です。ネオンカラーまではいきませんが、黒い背景に映える色使いが美しいですね。全体に寒色を少し多めにしており、夜の静かな雰囲気を引き立てる配色です。

 

黒はあえて使わずに

黒はあえて使わないデザイン作成例

子供が描く絵のような非現実的な配色の虫が可愛らしい。全体に黒は使わず代わりにネイビーを使用しています。黒だとはっきりとしてシャープな印象になりますが、ネイビーにすることで全体のトーンに馴染みつつ色味がプラスされポップな雰囲気になっています。

 

多色使いのデザインはつい見入ってしまうものが多いですね。ベースの色や白と黒の使い方などがポイントになりそうです。


「Inspiration」のコーナーでは主に海外のデザインや写真などをピックアップしています。共感いただけましたら、いいね!シェアいただけますと幸いです。