BLOG

グラフィックデザインに関わることを色々

フリーのデザイナーは果たしてフリー(自由)なのか

/
83
フリーランスのデザイナーは自由?

結論から言うと、否!

会社で働いてれば次から次へと(嫌でも)仕事がやってきて、グラフィックデザイナーとしての技術力も自然と磨かれていくのが普通です。中には自分のスキルよりちょっと上を行った案件に出会うこともあり、そんなときは徹夜の作業になってしまうことも珍しくありません。が、基本的に組織として引き受けた依頼なので、最終責任は会社が負っているという、うっすらとした安心感はあります。
グラフィックデザイナーを必要としている会社は、紙媒体の広告会社やWeb制作会社・ゲーム会社など、多岐にわたります。一言にグラフィックと言っても個人個人が描く「テイスト」は違っていますので、当然求められる場所や案件も異なるわけです。

 

もし会社から独立してフリーになった場合、これからは自分で仕事を見つけて自分で仕事をこなし、信頼を得ていかなくてはいけません。会社に勤めている間はその会社の名前が看板となってくれますが、フリーになった途端その看板は通用しません。もの凄く良い看板だったんだなぁーと実感します(笑)

そのために必要になるのが営業活動です。もちろん仕事が忙しい時期に無理に営業をする必要はありませんが、特に独立したてで取引先が限られているときは、営業活動をしているかしていないかで、その後の収入に大きな差が出てくることは間違いありません。(してないけど)

その場で新しい仕事を得ることができなかったとしても、その後に別の仕事に発展する可能性もあります。名刺を作るのも必要なことですが、それ以上に大切なことがWEBポートフォリオの作成だと思っています。WEBポートフォリオはデザイナーの履歴書のような役割を果たしてくれます。文字だけでどのような仕事をつらつらと書き連ねたところで、その人のスキルがどの程度なのか、どういった絵を描くことができるのか、何が得意なのかを把握することは非常に困難です。
WEBポートフォリオがあればそのような疑問も即座に解決するため、営業先の人もどういった案件を手伝ってもらおうか想像がつきやすくなるのです。それに、情報発信も出来て何かと便利なので、WEB上に情報拠点を持っておいて損は無いです。

 

一人でいろいろな仕事をこなせると会社では重宝されますが、実はフリーになるとそうではありません。ある程度のものでよければ作れる人はたくさんいるからです。社内であれば外注するまでもなく社内で出来てしまうので任されていたかもしれませんが、社外に出てしまえばそういった案件は極端に減ってしまうのです。フリーとして最も大切なことは、誰でもできる仕事をこなす能力ではなく、何かに秀でた能力なのです。(秀でた能力のない僕も独立しましたが…)

そのためには特定の分野のスキルを磨く必要があります。バームクーヘン専門店やポップコーン専門店など、世の中には細分化された専門店があります。もちろんそういったお店にもそれ以外の商品が売られていることがありますが、あくまでも主力商品は看板に掲げられた商品なのです。フリーになったらそういった看板を掲げられるように、専門性を伸ばしていくことが大切です。

もちろん新しい知識の勉強も必要です。グラフィックに使うIllustoratorやPhotoshopは定期的にバージョンがアップデートされ、新しい機能が追加されることもあります。最新の技術をすぐに使うことはないかもしれませんが、技術の幅を広げることで同じようなものを作る場合でも、効率化を進めることができるのです。新しいアプリでは従来手間のかかっていた作業を短時間で済ませることができるようなものもあります。早く言ってよ!と思う便利機能がさりげなく搭載されていたりするので、アップデートされた際は内容を面倒でも熟読しましょう!ほんとに!
書籍で勉強するのも良いのですが、独学で勉強するのであればWebで情報を得るのがベストです。いちばん情報がフレッシュですし、何よりタダです。

 

そしてもう1つ大切なことがあります。

 

独立したら好きな仕事だけをできると考えていたら大間違いです。デザインできる時間を確保するのが大変な日もあるくらいです。営業もそうですが、それまで会社では他の人がしてくれていた経理業務などの仕事も自分でしなくてはなりません。特にお金に関わる事は取引先との信頼関係にも関わります。
フリーランスは自営業という扱いになりますので、必ず確定申告が必要になります。納税は国民の義務ですので、独立したら開業届を出しておくと良いでしょう。開業届を出していない場合でも必要であれば確定申告票が届きますし、届かない場合でも課税所得がある場合は申告しなくてはなりません。(性格もあると思いますが、この辺の業務が滅茶苦茶面倒くさいです。四六時中数字と戦っている経理部の人を改めて尊敬しました。)

確定申告は多くのフリーの人が重荷に感じる手続きではありますが、翌年の住民税や保険料も申告内容を元に決定されますので、正しく慎重に行いましょう。税務署は僕たちが損する場合には教えてくれません(笑)税金周りの知識がついていると、他のフリーの人と知り合ったときに情報交換をするチャンスが生まれることもあります。あ、それって経費に入るんだ!とか。(え、それってもはや脱税じゃないの…?という話も…笑)

 

独立すると、仕事を得ることと・お金周りのこと。

これらに囚われる時間がどうしても増えてしまいます。

 

※本来フリーはフリーランスの略であり、FREE(自由)という意味ではありません(笑)

果たしてデザイナーは自由か
Design : TOMMY GRAPHICS

 

  1. TOP
  2. BLOG / NEWS
  3. BLOG
  4. フリーのデザイナーは果たしてフリー(自由)なのか
Related Posts