BLOG

グラフィックデザインに関わることを色々

私のフリーランスデザイナーとしての経験 by Jeroen van Eerden

/
82

フリーランスデザイナーとして働いている先輩の経験を聞くことが出来るのは、非常に貴重です。今回は、自身のプロモーション方法を惜しげも無く公開してくれているデザイナー Jeroen van Eerden 氏の記事「私のフリーランスデザイナーとしての経験」をご紹介したいと思います。

 

原文 : “My experiences as a freelance designer”

以下翻訳内容です。※翻訳・掲載は記事製作者の許諾を得ています。(Thank you, Jeroen ! )

 


私のフリーランスデザイナーとしての経験

この最初の記事で、私のフリーランスデザイナーとしての経験と、どのようにソーシャルメディアやプラットフォームにおいてどのように自分のツールを使用するか、そしてどのようにデザイナーとして成功しているのかを皆様とシェアできればと思っています。

 

少しだけ私の自己紹介をさせてください。私の名前はJeroen(イエルーン)で年齢は30歳、そしてオランダのフローニンゲン州に拠点を置いて活動しています。デザイン業界で8年間働いています。デジタルアーティストとしてキャリアをスタートして、年月が経つにつれて、もっと専門的なデザイン分野にフォーカスするようになり、現在はロゴデザインの美しい世界で活動しています。

現在、フルタイムのフリーランスデザイナーとして働き始めてから2年が経ちました。私の専門分野と強みは、1〜2つの概念的要素を含むエレガントなロゴを作成できることです。また、ロゴタイプや近代的なモノグラムの作成したり、企業や大企業のデザイン的問題を解決する仕事も好きです。今まで世界中で合わせて約100件のクライアントと仕事をしており、多数のロゴがデザイン関連の本やWEBマガジンで取り上げられています。この記事で、私はフリーランスデザイナーとしての経験をシェアしていきたいと思います。私の経験がほかのフリーランスデザイナー、もしくはこれからフリーランスとしてはじめようとしている人たちの手助けになれば幸いです。

 

ポートフォリオ:そこで成功を掴め!

まずは仕事をするために使用するツールについてお話をしたいと思います。これらはデザイナーにとっては基本的なものであり、もしこれらを知らない方が居たら、これらは非常に使えるツールになるかもしれません。

長年にわたり、インターネットを通して私の仕事を広げてくれるもっとも使いやすいツールの一つ、「ポートフォリオプラットフォーム」を使用しています。中でも使用するのにベストだと感じる一握りのサイトを選びました。ここからがそれぞれのポートフォリオプラットフォームの話で、何が私をフリーランスデザイナーとして成長させたのか、そして実際これらのサイトを通して本当にクライアントを獲得した経験についてお話しします。

 

1.Behance

あらゆるデザイナーのためのフリークリエイティブプラットフォームです。とても簡単にあなた自身のプラットフォームを始めることが出来て、また他のクリエイティブな人達と触れ合うことが出来ます。私はここで毎月計画を発表するようにしています。大きな計画を発表することが可能で、Behanceはとてもよいツールを提供しています。BehanceはAdobeとチームを組み、たくさんのアクティブユーザーをもっています。

もし、あなたがまだBehanceを使用していなかったら、是非今日にでもアカウントを作って使用することをお勧めします。オンラインポートフォリオを始めるにあたって最高のツールになりますし、情熱のあるアクティブなデザイナーと交流もできます。Behanceは「より長い道のり」のためのポートフォリオで、あなたのベストなものだけを公開することが出来ます。私は必ず月一回は使用しています。

私がこのプラットフォームを好きな理由は、プロジェクトがカテゴリーと関連している沢山のデザインの一つとしてフィーチャーできるという点です。それがフィーチャーされたとき、あなたはプロジェクトに沢山の可能性、やり方があることに気づくでしょう。

おまけの楽しみは、クライアントやスカウトがあなたにBehance経由で直接メッセージを送ることができるということです。これらのメッセージにも返信するようにしてください。ネットワークの構築と新しいクライアントを見つけるのに適しています。

 

私が投稿するプロジェクトのテクニックは

・プロジェクトの簡潔な紹介

・ビジターの注目を保つために最初の画像はベストのビジュアルにする。

・完成品だけを表示するのではなく、スケッチやムードボード、スタイルボード、使用しなかったコンセプトやモックアップなどのプロセスショットなども共有する。

・アイデンティティ構築の技術的な部分を表示する。私はグリットシステムのための素材を持っており、私のデザインがどのように組み立てられたのかを見せるようにしています。

・カラーコードを表示し、選択したコンセプトに含まれる素材への参照を表示します。

・私は常にどのようにデザインが構築されたのかを、順を追って見せています。

・各プロジェクトを提示するための新しい方法を試す 。

・Behnaceミートアップに参加または企画する。

 

2.Dribbble

このプラットフォームは私が日常的に最も使用します。DribbbleはBehanceより排他的なプラットフォームと言えます。なぜならまずは招待されないと、他のデザイナーたちと交流できないからです。この排他的な要素が、Dribbleに参加するデザイナーたちの水準を高いものにしています。

 

下記に招待されるためのヒントをいくつか示しておきます。

・「invite (招待) 」または 「dribbble invite(ドリブル 招待) 」のようなタグの単語で、 「recent(最近)」の ショットを検索します。ヒットしたデザイナーが招待状を勝ち取る方法を教えてくれます。

・twitter経由で 「dribbble invite(ドリブル招待)」 や 「dribbble(ドリブル) 」などの「invite(招待)」 タグを使用する。

 

Behnaceとの違いは、Dribbbleではあなたは一枚のショットしかポートフォリオに投稿できません。全体のプロジェクトより「プロセスのショット」の投稿を狙っているからです。私は本当にDribbbleを使用するようになってから大変気に入っていて、1週間にできるだけ沢山のデザインを投稿したいという強い気持ちになっています。掲載することが私の一番の仕事ではないにしても、私はこのプラットフォームを創作する旅だと見なしており、ただここのコミュニティーに携わることが好きなのです。Dribbbleは学ぶことができ、他のデザイナーと交流できる素晴らしい場所だと思います。私はいつもより良いデザイナーと、特にロゴデザインのアイデアを得るための学習をやめることはありませんので、常にフィードバックを求めます。Dribbbleでは多くの気鋭デザイナーが活動しているため、「概念的なアイデア」を共有し、特定のフィードバックを求めるには絶好の場所です。

Dribbbleは私のキャリアを変え、クライアントと繋がりやすくしてくれました。Behanceと同じように、あなたに問い合わせできるような連絡機能があります(問い合わせ者がアカウントを持っている時に限る)。すべてのツール中で特にドリブルは、実際に本当のクライアントを得られる、この厳しい業界で最も優れたプラットフォームだと思っています。

 

これはDribbbleを使用する方法についての個人的なヒントです

・毎日、一枚以上のショットを投稿しない(ベストショットでなければなりません。)

・自分のポートフォリオを埋めるだけのような、同時大量投稿はしない。

・ショットを投稿するベストな時間を見極める。

・コミュニティーと交流し、コメントして関わるようにする。

・バケット(お気に入り機能)を賢く使う(私はよくムードボードを作成するためにそれらを使用しています。)

・「プロ」ドリブラーになる(プロにアップデートすると、問い合わせ、添付資料をアップロード、プロジェクトの作成、統計、作品の販売…とたくさんの機能を利用できるようになる。)

・閲覧者にとってあなたのデザインがもっと興味深いものになるように、人気のショットを分析する。

・自分のデザインを投稿して名声を得ることだけを期待しない。

・ミートアップに参加または企画する。「リアルライフ」でデザイナー仲間に会うことも素晴らしいです。

 

3.Logopond

Logopondは、オンラインロゴポートフォリオを始めようとしているすべての人たちに開放されています。私は自作のロゴ(完成しているものと構想段階のも)を毎月2枚投稿しています。Logopondは特にアクティブなロゴデザイナーには素晴らしい場所です。掲載デザインすべてがロゴであるため大変気に入っています。一年前、私はこのサイトで「マンスリーデザイナー」としてフィーチャーされました。それは私の名前を広めるきっかけになり、同時にクライアントを得るための大きな後押しになりました。

 

Logopond使用についてのいくつかのヒントです。

・325x160pxの投稿スペースを賢く使う(フィーチャーされたショットをチェックしてみてください。)

・他のショットの間を漂うように、デザイナーと交流する。

・ポートフォリオを更新し続ける。

・フィードバックを求めることで討論が始まり、よい結果につながります。

・あなたのベストなロゴだけを投稿する。

 

4.Instagram

ちょうど一年前から、私は仕事のためにインスタグラムを使い始めました。それ以来、たくさんの作品を投稿していますが、最近気づいたのは私のフォロワーは各デザインのプロセスを見たいということでした。私はロゴを作成することになった時、制作プロセスを可能な限り透明なものにすることを心がけています。常にデザイナー仲間と関わり、私のデザインについて意見を聞くようにしています。デザインの仕事を始めた時から、他のデザイナーと共有する教育プロセスを評価しています。また、素晴らしいデザイナーたちからたくさんのことを同時に学びました。ですので、感謝の気持ちをお返しすると共に、私の経験と創作的思考を共有できたらと思っています。

私は、たった一年の間でフォロワー数が500から35,000まで増えました。

それは本当に信じられないほどのフォロワーの急増でした。私のデザインがこれだけの結果を出し、自分のデザインがほかの人を鼓舞していることをうれしく思っています。

 

ここでは、この短期間でフォロワー数を伸ばすヒントをシェアしたと思います。

・「舞台裏」(現実)写真の共有:私の最も好きなショットは、クライアントへのプレゼンテーションを作成している時のスクリーンショットです。私は常にクライントを感銘させることを狙っていますが、オーディエンスも同じです。デザインはつまらないものであってはいけないのです。それはすべて創作的で他人を鼓舞する新しい物でなくてはなりません。

・関連するハッシュタグを使用する。ここでは、私が投稿で使用するスタンダードなハッシュタグの一部を載せておきます。

#logo #logoplace #lettering #type #showcase #logoinspiration #logoinspirations #monogram #monograms #branding #identity #logodesign #logodesigner #logoist #graphicdesignblg #abstract #creative #pirategraphic #typespire #typegang #typetopia #transparency #grid

・インスタグラムストーリー:もっと「舞台裏」のものを見せて、フォロワーにあなたは誰なのか、デザイナーだけでなく、人間として誰なのかを知らせる。

ヒューゴ(@hugo_thecorgi)は最も尊敬する人物の一人です。彼のインスタグラムをチェックしてみてください。スーパーキュートです。日常的に外の世界を見ているような感覚にしてくれます。私のような人間やワーカホリックな人間にはとても良いことです!

・「メッセージを送信」やインスタグラムのページに関連する「タグデザイン」の部分で自分をフィーチャーする。それは、ちょっと恥ずかしいプロモかもしれませんが、それが私のフォロワー超高速成長の助けになりました。これはDMを通じてコンタクトを取る方法の例です。「こんにちは。本当にあなたのページが好きです!インスピレーションを得るのに最高の場所です!もしかして、私のデザインもご覧頂けているでしょうか?私の最近のショットをご確認ください!」彼らに1つか2つあなたのハイクォリティーなデザインを送り、彼らがそれらを使用するかしないかを決定する。是非、やってみてください。それは、あなた自身をプロモートし、あなたのデザインを「100K+フォロワー」のページで見ることに繋がるかもしれません。

・1つ重要なヒントは、常に自分の投稿作品をハイクォリティーなものに保ち、フォロワー達が好きなものとは何かを学ぶことです。私は、Facebookアカウントと接続されているInstagramアカウントを持っています。そして、現在それをビジネスアカウントとして使っています。このつながりの利点は、アクセスの統計を把握できることです。新しい投稿するためのよりよいタイミングがいつか、自分のフォロワーはどこから来るのか、そしてたくさんの専門的な投稿を得ることが出来ます。これらをもとに、私は更にフォロワーにとって何がベストな作品で、どうすればフォロワーに好きになってもらえるかをより細かく理解し、面白い議論を始めることが出来ると思っています。

 

5.Facebook

他に私が常に「自分のデザインをプロモートする」ことに使用するSNSはFacebookです。「ビジネスアカウント」を作成し、現在使用している「プライベートアカウント」と分けています。私が作ったデザインをポートフォリオで共有すると、自動的にFacebookに投稿されるようにしています。さらに多くの人々に見せるためです。私のデザインのマーケティングでは通常業務になっています。

Facebook内でも、参加できるデザイン関連のグループがありますし、そこでもあなたのデザインを投稿することができます。自分のデザインは「Dribbble」、「Loropond」、「I LOVE LOGO」のグループで投稿しています。それ以外は自分の「ビジネスページ」に直接投稿しています。

 

あなたがFacebook(ビジネス)ページをフリーランサーとして使用するためのいくつかのヒントです。

・あなたのデザインをプロモートしても、迷惑をかけるようなことはしない!

・オーディエンスと交流する。

・「舞台裏」も同様に共有し、完成品だけを見せることはしない。私はよく概念的な段階で自分のプロセスの写真を共有します。私はいつも何事も”スタート”を、他人に見てもらうことを大切にしています。これは他人を鼓舞することになり、貴方が届けたデザインに対してたくさんの感謝と尊敬を得られると思っています。

・同じデザインを投稿するのではなく、新しいものを発信していく。

 

5.Twitter

Twitterは、簡単に小さな会話を始めることが出来る本当に身近なSNSです。

私は、オンラインに投稿するほぼすべてのデザインにおいてTwitterも使います。それは、閲覧者と直接私のポートフォリオページをつなぎ、私のデザインを簡単に共有することを可能にする素晴らしいツールです。Facebookと同じように、私のデザインをより簡単に早く見せることが出来るので、デザインのプロモートのためにTwitterを日常的に使用しています。

 

フリーランスデザイナーして、Twitterをうまく活用するヒントがあります。

・あなたがオンラインに投稿した物すべてを共有し、Twitterを利用してトラフィック、評価、可能性に対する議論を作り出す。

・それぞれ投稿したデザインに合うハッシュタグを使用する。

・もし、必要であれば、貴方が感嘆するデザイナーにフィードバックするなどして、サポートする。

私をフォローする。

 

6.それ以外のヒント

私は、フリーランサーとして今日のメディアに対する選択肢と、インターネットを通して自分の作品をプロモートしていく方法を常に更新し続けることが重要であると思います。 世界中に自分のデザインを見せることを恐れないでください。それが、あなたが思っている以上に素晴らしく、また他人を鼓舞するような結果になるかもしれません。

・Moneybird (支払ツール):私は、これをクライアントに対する新しい請求書作成と支払いのために使用しています。このようなツールはまだたくさんあると思うので、もしあなたがこのようなツールを使用していなかったら是非チェックしてみてください。ツールを使用することでよりあなたが好きなことに打ち込める時間が増える事でしょう。ここにいくつかのオプションサービスを記載しますので、確認してください。

・おすすめの本:長年にわたり、興味深いデザイン関連書籍の多くを集めてきました。そのいくつかの本は読む価値があると思います。

‘Logo, Font & Lettering Bible’, ‘Designing Brand Identity: An Essential Guide for the Whole Branding Team’, ‘Logo Design Love: A Guide to Creating Iconic Brand Identities’, ‘Book of Ideas: A Journal of Creative Direction and Graphic Design’

・ブックパブリケーション(あなた自身も含む):私の仕事は、世界中で出版されている本に関連したデザインも含まれています。著者や出版業者に選ばれるためのこれというヒントはありませんが、私は最初の出版社からのリクエストの後、積極的なコミュニケーションを続けました。そうすることで、次に出版される本へ関われるよう扉を開けてくれました。

絶対にお勧めしたいことは、あなたのベストなデザインを送り(ポートフォリオでつながり)、そのデザインが当てはまるであろうカテゴリーを提案することです。丁寧に出版社とあなた自身について語り、本当にいつか一緒に仕事がしたいという意思を伝えることです。それは保証するものではありませんが、しかし、もし出版社が彼らの本にあなたがふさわしいと思ったら、大きなチャンスになります。あなたのデザインが本に載るようなことが起こるかもしれません。大したことは出来ませんが、あなたがそのような幸運をつかむような助けになればと私は思います。私の出版した作品も載せますのでチェックしていただけたらと思います。

Artpower Publishing (China)
Counter-Print (UK)

 

・オフィス(オフライン ワークスペース):好きなものに囲まれることは、あなたにインスピレーションを与え、あなたがもっとも好きなこと「デザインをする!」に打ち込むための手助けとなります。

私は自宅に小さなオフィスを持っています。「27インチ iMac 5K」に、最近はとてもクールな「Audioengine」の「A2+ powered desktop speaker」を付け足しました。シンプルですが、大変気持ちよく仕事が出来る効果的なワークスペースになっています。

・それ以外で、1人のデザイナーとしての仕事における戦術:すべてのフリーランスデザイナーに言えることですが、良いクライアントを見つけることは決して簡単ではありません。私の戦術は、スカウトや企業がもっともアクセスするオンラインで積極的に動くということです。私は、ほとんどの場合、DribbbleとInstagramを通してこの活動をしています。可能性のあるクライアントが交渉してきたとき、「よい価格」でまとまることは決して簡単なことではありません。クライアントはそれぞれ違いますし、すべてのクライアントが同じくらいプロジェクトに費やせるお金をもっているわけではありません。私は常にクライアントへ初期費用を知らせ、この金額を設定した理由を説明するようにしています。

なぜなら、私はそれぞれのプロジェクトにどのくらいの時間を費やしたかを記録している為、それぞれのプロジェクトにどのくらいの時間が必要なのかを知ることが出来ます。

 

もし、あなたが自分のプロジェクトに見合う金額を設定できないなら、下記の事を提案します。

1.あなたは毎月いくら稼ぎたいですか?(請求、食費、仕事以外にしていることにかかる出費、そしてもらったお金100%自分の物にならないことを忘れないこと ※税金などがかかるため)

2.それぞれのプロジェクトに対し、トータルでどのくらいの時間を要したか計算する。1時間いくらになりますか?

3. 固定金額にしますか、それとも時給・日給・週給にしますか?個人的には、固定給で仕事するのが好きで、なぜならそれがより安全で、毎月いくら稼げるのかがはっきりわかるからです。時給にするのもいいと思います。私は、以前一緒に仕事した実績がある場合は時給で行っていたりします。

4. 常に頭金をお願いする。このビジネスで生き残っていくことは容易ではありません。特に、フルタイムで仕事をしている時はお勧めします。私は、50%の頭金(前払い)にしてとてもうまくいきました。また、頭金にすると安全なだけでなく、クライアントが簡単に手を引くことが出来なくなります。一度、この支払いがあなたの銀行口座に振り込まれたら、必要な書類等をクライアントへ送るだけです。これが、双方それぞれがプロジェクトにおいて平等にリスクを共有する方法です。

5. 私は常に理解が正しいか確認するために、企画書を貰うようにしています。これは大変効率的で、かつプロジェクトの最初に失敗することもなくなります。

6. コミュニケ―ティング。クライアントの問合せに対し、1~3日以内で返信するようにします。私の経験で、私のメールボックスには毎日たくさんのメールが溜まり、プロジェクト期間にいつもメッセージを返信することが大変であることを感じます。ほとんどの場合、これらは私のプロジェクトの妨げになります。私は最近アラームをセットし始め、毎朝メール返信の時間管理などを行っています。すべて終わった後に、私はプロジェクトに取り掛かります。

7. 細かい部分に注意を払い続ける!あなたが行うすべての提案は、それが一流に見えるようにする!あなたの評判を保ち、あなたのクライアントから別クライアントへあなたの評判を伝えてもらうようにする。そのためには、たくさんのデザインを掲載することや「舞台裏」写真をあげるなどして、クライアントやオーディエンスを感心させるようにベストを尽くさなければならない。

8.毎日、何か新しいことをする。

 

すべてお読みいただきありがとうございました。私の最初の投稿のように、私も皆さんがこれらのポイントやヒントを聞いてどのように感じたのかを知りたいです。もし気に入っていただけたら心から嬉しく思います!皆さんの声は、もっと仕事について書きたいと私を奮い立たせてくれるでしょう。

 

created by Jeroen van Eerden

 

  1. TOP
  2. BLOG / NEWS
  3. BLOG
  4. 私のフリーランスデザイナーとしての経験 by Jeroen van Eerden